給湯器の水漏れが配管の場合は致命的な状況が多いのか

自宅のキッチンやお風呂、トイレから水が出るためには、水道管から自宅へ管を引き込み、さらに家の中も管を張り巡らせて出るようになっています。つまり、一軒家や集合住宅の内部には水が通っている管が多く存在しています。もちろん給湯器内部にも配管が設置されており、水をガスで温めて給水をしています。

■配管からの水漏れに気付く方法とは

重要な役割を担っている配管ですが、給湯器内部のものであれば直ぐに気付くことができます。理由は単純で、水漏れがあるからです。ゴムパッキン劣化で発生してしまう水漏れとは違った漏れ方になります。
厳しい寒冷地であれば、管自体が凍ってしまうことから強度が弱くなり破裂などしてしまうケースもあります。特に寒暖差が激しいとき、外から強い衝撃があると破損しやすいです。猫やカラスなど、動物が飛び乗った衝撃で破損してしまうケースもあります。このようなケースは、それなりの量の水漏れが発生するため気付くことができます。


■致命的なケースが多いため業者へ連絡して対応をしてもらう

配管の破損は、残念ながら自分自身で修理することは難しいです。ケースによっては、給湯器 交換の作業を業者へ依頼をしないといけないことにもなります。素人が見ても明らかに給湯器の交換と判断ができる場合は、修理業者に連絡をするのではなく、その給湯器のメーカーに問い合わせるとよいです。
そうするとメーカーから委託されている業者が派遣されるため、確実に修理をすることができます。委託されていない場合だと、一度見に来て交換と判断し、給湯器を取り寄せて、改めて足を運び交換をするという手間がかかってしまいます。


■まとめ
給湯器内部にある配管が破損してしまった場合、給湯器から激しく水漏れをするケースがあるため直ぐに気付くことができます。他にも水の出が悪かったり、水道料金が高くなったりすることから気付きやすいです。また、配管破損の場合は給湯器の交換を要することが多いため、直接メーカーに問い合わせると迅速に修理作業を行ってくれます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ