給湯器の水漏れ原因を知ると未然に防ぐことができる

給湯器は外に設置されることが多く、夏の暑い時期や冬の寒い時期など過酷な環境で動作しています。したがって、どうしても長年使用していると劣化が進んでしまい故障に繋がってきます。水漏れが発生してしまったり、温水を出せなくなったり、水量が少なくなったりと、様々なトラブルが発生します。

■細かい部品の劣化が原因としては多い

給湯器の故障原因で多いのが細かい部品の劣化です。よく耳にするのがゴムパッキンの経年劣化の原因です。給水栓や水抜き栓の内部に設置されており、ゴムが硬くなりひび割れをして給湯器 水漏れをしてしまうパターンです。他には配管の繋ぎ目のネジが振動で、徐々に緩まることもあります。
またサビから配管に亀裂が入ってしまうこともあります。いずれにせよ、給湯器の寿命は10年程度と言われており、これらの細かい部品が劣化し交換しないといけない状況になるのが10年程度です。


■長期間使っていない場合の注意点

一人暮らしで長期の出張などに行った場合、長期間、給湯器が使用されない状態になります。今の給湯器は高機能なため、長い時間使用しない場合、沸き上げを中止する機能がついていて、設定しておくと、戻ってきたときに直ぐに使える状態にできます。
しかし、年単位で使用しない場合は、しっかりと排水をしておきます。理由は故障の原因になるからです。長い間、水が循環しない状態で水が溜まっているため管内部でサビが進んでしまうことがあります。さらに、タンク内を清潔に保つことができずに不衛生な水を口にしてしまう可能性もあります。最悪の場合、給湯器 交換という状況にもなりかねません。


■まとめ
給湯器が故障してしまう原因の多くは、細かい部品の劣化からです。ここから水漏れが発生してしまい正常な動作をしなくなります。また、長期間、給湯器を使わない場合は、タンク内部が不衛生な状態になるため、しっかりと全て排水をしておくことが重要です。最悪の場合、汚れがひどく給湯器の交換をしないといけなくなります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ