給湯器の水漏れは栓から?栓によって対処法が異なる

昨今、一軒家などに設置される給湯器は高機能となっており、日々の暮らしの手助けをしてくれています。しかし、高機能になればなるほど、機器は複雑になり様々な故障が発生してしまうリスクが大きくなります。その1つが給湯器に装備されている栓です。1台の給湯器に何本も配管されており各々に栓がついています。

■給湯器に装備されている種類とは

給湯器本体に水を送る給水元栓、水抜き栓、給湯栓、ガス栓などが挙げられます。水抜きに関しては、給水水抜きだったり、ポンプ水抜き、ふろ水抜きなど多くの種類があります。したがって、水漏れが発生してしまうケースは、この水抜き配管関係が多いです。
また、水の流れを管理するだけではなく、ガスも管理するものもあります。間違って、ガス栓を触ってしまいガス漏れが起きてしまわぬように気をつける必要があります。ガス以外でトラブルが発生するときは、ゴムパッキンに異常が出ていることが多いです。

■自分自身で対処できる場合もある

水栓金具のように簡単な構造ではなく複雑な構造であっても、ゴムパッキンが水漏れの原因である場合は、簡単に自分自身で対処することができます。
給水元を閉めて、該当する栓を開き、そこにあるゴムパッキンを交換して元の状態に戻すだけです。色々な注意点はあるものの、きちんと取扱説明書やメーカーの公式サイトを参考にして作業をすれば全く問題ありません。
しかし、ガス配管が壊れてしまっていたり、水漏れの原因が配水管破裂の可能性も考えてみる必要があるため、確実な原因が分からない場合は、水道 修理などを視野に入れて業者に依頼しましょう。

■まとめ
給水元栓など、給湯器のパーツは様々な役割を担っています。いずれも中にあるゴムパッキンが破損している可能性が高く、この場合は簡単に交換をすることができます。ただし給湯器内部の配水管破裂など大きな損傷がある場合は、業者へ依頼をして修理をしてもらいます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ